You are here

Japan

リチウムイオン電池用途として最も高純度のマンガン塩類製品 EMD (電解二酸化マンガン)の世界的リーダーEramet International Tokyo – エラメット・インターナショナル 東京

私達は、環境を維持しながら生活の快適性を改善するべく、日々何か新しいものはないだろうかと探し求めています。 今後10年の間におそらく私達の日常生活に変化をもたらすもの: それはリチウムイオン電池です。 

リチウムイオン電池の原料市場は、市場成長の著しいスマートフォン、タブレット、電気自動車など様々な機器に使用されることにより、次の数年間に毎年数十パーセントの成長を続けると言われています。

 これらスマートフォン、タブレット、電気自動車、カメラ、ノートブックPCなどに使用されている電池の多くの技術には、高純度マンガン塩類や高純度マンガン酸化物が原料として採用されています。最も高純度のマンガン塩類製品を製造するErachem、世界各国のお客様に 製品をお届けするために、需要が伸長している高純度硫酸マンガン (MnSO4 HP – High Purity) の生産能力を年間10,000トンへ増強する投資を行いました。

Erachem、これまで革新的な高純度製品の数々を開発してきました。 主にリチウムイオン電池向け三元系正極材(Nickel-Manganese-Cobalt) に使用される高純度塩類製品、 硫酸マンガン – MnSO4 HPのように既にいくつかの製品は市場で成功を収めています。

引き続き、主要な電池部材メーカー様と協業して新製品の開発に取り組んでいます。

今日のアルカリ電池製造において、電解二酸化マンガンは電池性能を支える重要な原料です。電池性能の改善に原料の改良が大きく貢献していることが多々あります。 

アルカリ電池市場は競争が激化している市場です。: 電池メーカー様は、生産性を向上のために製造測度を上げて操業しています。 電池メーカー様にて高速度製造設備をスムースに操業いただくためにも、品質の安定した原材料を供給することが求められています。

Erachem のEMD – 電解二酸化マンガンは金属不純物を低減し、申し分ない粒度分布に調整された、高活性ガンマ MnO2 です。安定した品質を維持して製造するために、製造プロセスを改善し、厳格に管理された製造ラインで 製造を行っています。 2つの工場は低コスト、高品質生産のために改善活動を実施しています。

Erachem をグループ傘下に所有するEramet は非鉄金属、化学は製品高性能特殊鋼及び部品を生産する鉱山・製錬企業グループです。 Eramet International Tokyo は、Erachem 社製品を含め、Eramet グループの全製品の販売を担当する日本事務所です。